親方のブログ

お金

お金の大切さは現金を見るとよくわかる。振り込、小切手など現在の流通を考えると「ありがたみ」という点では全く薄くなってしまう。昔、集金を現金でしていたころの事だが、100万円を貰ったことがある。まず確認の数える作業に焦ったのと、どのようにして持って帰ろうかと悩んだことを思いだす。普段持ちなれない大金なので無事家にたどり着いたときにはホットしたものである。借金も同じで紙では実感がない。追い込まれて初めて事の重大さに気づく。ならばお金を積み上げてみたらどうなるのか?馬鹿なことを考えてみた。100万円を1㌢とすると1000万で10㌢。1億円だと1メートル。それをどんどん積み上げていく。すると凄いことになるのにびっくりした。この度の18歳未満の給付金のクーポンにしょうという半分の手数料が問題になっているが、1000億円足らずなどと簡単に言っているが1000㍍にもなる。。国の借金2000兆円などはお月様をはるかに超え1億5千万㌔離れた太陽の近くまでいくのでは・・・そこまでは計算したくないが、まぁとんでもないことである。こんなバカなたとえ話を考えてしまう自分もどうかと思うが。お金のありがたさというのは分かる。大切にしよう。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

カテゴリー一覧

アーカイブ

  1. 2014.9.16

    “楽のしく”
    徳島の仕事は 徳島の業者が受けて 県外の業者に頼る事無く、すべて徳島で加工製作ができないものかと...
  2.  始まりました!徳島ビジネスチャレンジメッセ2014。
  3. 2014.10.18

    月蝕
    チャレンジメッセの会場で名刺交換をしました。
  4. 2015.7.9

    LINE
    楽のしく仕事を始め様と決意も新たに新年を迎えたのに気が付けばもう今年も半分が過ぎてしまい...
  5. 2015.7.21

    台風一過
    昔は夏の終りに台風が来て過ぎ去った後には、さわやかな風が秋を呼び込む代名詞今は台風が6月から...
ページ上部へ戻る