親方のブログ

柳家小三治さん

小三治さんの大ファンだったが、ついに逝ってしまった。少し前の深夜のテレビで元気な姿を見せていたのに残念である。元気といってもかなり弱ってはいたが、「呼ばれればどこまででも行くよ」と独特のとぼけた感じで笑っていた。高座に上がる直前まで「もうだめだ今日は出来ない」などとマネージャーさんを困らせていたが、いざ話始めるとすぐに小三治ワールドとなり、会場は大爆笑ではなく嬉しそうな皆の顔、顔である。実際の高座を見たかったのは談志さんと小三治さんだったが叶わなっかった。関西では枝雀さんと米朝さんの生の高座を見れた。枝雀さんは本当に面白く大爆笑に次ぐ大爆笑だった。絶頂期のころだった。それからしばらくして今度は米朝さんを見たが、これは素晴らしかった。長屋の八っつぁん、クマさんの姿がはっきりと見える映像がそこにあるのだ。堪能させてもらった。さすが枝雀さんの師匠であり人間国宝である。小三治さんにも同じものを感じる。一度でいいから生の高座を見たかったなぁ!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

カテゴリー一覧

アーカイブ

  1. 2014.9.16

    “楽のしく”
    徳島の仕事は 徳島の業者が受けて 県外の業者に頼る事無く、すべて徳島で加工製作ができないものかと...
  2.  始まりました!徳島ビジネスチャレンジメッセ2014。
  3. 2014.10.18

    月蝕
    チャレンジメッセの会場で名刺交換をしました。
  4. 2015.7.9

    LINE
    楽のしく仕事を始め様と決意も新たに新年を迎えたのに気が付けばもう今年も半分が過ぎてしまい...
  5. 2015.7.21

    台風一過
    昔は夏の終りに台風が来て過ぎ去った後には、さわやかな風が秋を呼び込む代名詞今は台風が6月から...
ページ上部へ戻る