親方のブログ

正月三が日

実に穏やかな正月三が日であった。明日からまた新しい年の出発だ。張り詰めた緊張感の中の毎日だが、このようにして、抜け殻のようにダラーと過ごしてしまう三が日。こういう時間も、結構楽しんでいるのかも知れない自分がいる。テレビや紙面に、今年の経済、政治、世情の予測を語る著名人たち。分かるのは過去と現在のみであって、未来のことなど何もわからない。その現在も瞬間に過去となる。時間というものは不思議なものである。瞬時に時を刻んで過去にしていく。良い事よりも悪いことの方が遅く感じるのも事実だし、時間の速さには恐怖すら感じることもある。あっという間に過ぎてしまった自分の時間。明治維新から太平洋戦争の終戦の日まで77年。そしてそれから現在までが77年だという。ウソ!自分たちが生きてきた時代の方がはるかに短いはずなのに、おかしい。でも事実!維新なんてほんの少し前で、信長や秀吉なども同じようなもの。今年こそは時間を大切に使うよう努力しなくては。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

カテゴリー一覧

アーカイブ

  1. 2014.9.16

    “楽のしく”
    徳島の仕事は 徳島の業者が受けて 県外の業者に頼る事無く、すべて徳島で加工製作ができないものかと...
  2.  始まりました!徳島ビジネスチャレンジメッセ2014。
  3. 2014.10.18

    月蝕
    チャレンジメッセの会場で名刺交換をしました。
  4. 2015.7.9

    LINE
    楽のしく仕事を始め様と決意も新たに新年を迎えたのに気が付けばもう今年も半分が過ぎてしまい...
  5. 2015.7.21

    台風一過
    昔は夏の終りに台風が来て過ぎ去った後には、さわやかな風が秋を呼び込む代名詞今は台風が6月から...
ページ上部へ戻る