親方のブログ

田村正和

田村正和が逝ってしまった。我々の少し上の年代であるが、80歳前後の人達の訃報が続くのは寂しい。次は自分達の世代なのか?あっという間にその時は来る。その時が来ることの不安は微塵もないのだが、その時々で自分は精一杯輝くことができるのだろうか?その不安の方が大きい。晩年の田村正和の姿をテレビ等で見ていたが、確かに年は取っていたが、あの昔の面影は少しも変わらず、70歳歳代をカッコ良く生きているなという雰囲気を思い切り感じた。私もいつまでも夢を持ち続け、最後のその日まで逞しく駆け抜けたいものである。生あるものは必ず滅するのが摂理である。要はどのように生きたかである。もうひと踏ん張り!!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

カテゴリー一覧

アーカイブ

  1. 2014.9.16

    “楽のしく”
    徳島の仕事は 徳島の業者が受けて 県外の業者に頼る事無く、すべて徳島で加工製作ができないものかと...
  2.  始まりました!徳島ビジネスチャレンジメッセ2014。
  3. 2014.10.18

    月蝕
    チャレンジメッセの会場で名刺交換をしました。
  4. 2015.7.9

    LINE
    楽のしく仕事を始め様と決意も新たに新年を迎えたのに気が付けばもう今年も半分が過ぎてしまい...
  5. 2015.7.21

    台風一過
    昔は夏の終りに台風が来て過ぎ去った後には、さわやかな風が秋を呼び込む代名詞今は台風が6月から...
ページ上部へ戻る