親方のブログ

田植え

田植え風景を見た。もちろん機械なのだが6月の田植えは最近珍しい。ゴールデンウイークの頃にはすっかり終わっているのが普通なのだが、この光景は昔を思い出し懐かしい。私も若いころ牛を使って・・いやいやそんなに古くはない、耕運機で耕していた。親父が二反七畝と言っていたから800坪くらいか?田植えは家族総出で手で植えていた。その頃の風景、土の匂いまで鮮明に覚えているし、両親の顔も懐かしく想い出す。秋の終わりに麦の種をまき、寒い冬、霜柱一杯の畑で麦踏をさせられ「二畝」踏んだら遊びにいってもええ」とおふくろに言われ、いやいや踏みながらすぐに逃げて遊びに行ったものである。そして梅雨の前に刈り取りをし、雨を待っての田植えだった。田舎での生活も今になってみればいい思い出ばかりである。子供の頃はなんて貧しいんだろうと思っていたが、振り返ってみれば、心は豊かだったのだとつくづく思う。たくさんの思い出をありがとうと両親に言いたい!!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

カテゴリー一覧

アーカイブ

  1. 2014.9.16

    “楽のしく”
    徳島の仕事は 徳島の業者が受けて 県外の業者に頼る事無く、すべて徳島で加工製作ができないものかと...
  2.  始まりました!徳島ビジネスチャレンジメッセ2014。
  3. 2014.10.18

    月蝕
    チャレンジメッセの会場で名刺交換をしました。
  4. 2015.7.9

    LINE
    楽のしく仕事を始め様と決意も新たに新年を迎えたのに気が付けばもう今年も半分が過ぎてしまい...
  5. 2015.7.21

    台風一過
    昔は夏の終りに台風が来て過ぎ去った後には、さわやかな風が秋を呼び込む代名詞今は台風が6月から...
ページ上部へ戻る