親方のブログ

さすがに寒く毛布を出してきてしまった。少し厚手のジャンパーを着込んでの散歩は正解だった。爽やかな秋の風を受けながらの散歩は快適だった。しかし雲の色はもうすぐ「冬将軍が来るぞ!」そんな声が聞こえてきそうな感じだ。土手の草もきれいに刈られ冬の準備。すぐに出てくるであろう新芽も次の春までじっと我慢の日々が続く。我々も同じ。強い北風の中を態勢を前のめりにしての散歩。春の来るのが待ち遠しく、これが実に辛く我慢の日々が続くのである。何故そんなにまでして散歩するのか?と思うがこれも散歩の醍醐味なのかもしれない。春は眠く、夏は暑く、秋は寂しく、冬は辛い。が春は希望、夏は躍動、秋は心穏やか、冬は??やっぱり辛抱。考え方一つで生き方も変わるのだが、どう考えても冬は辛い。いやいや今は秋を満喫しなくては!!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

カテゴリー一覧

アーカイブ

  1. 2014.9.16

    “楽のしく”
    徳島の仕事は 徳島の業者が受けて 県外の業者に頼る事無く、すべて徳島で加工製作ができないものかと...
  2.  始まりました!徳島ビジネスチャレンジメッセ2014。
  3. 2014.10.18

    月蝕
    チャレンジメッセの会場で名刺交換をしました。
  4. 2015.7.9

    LINE
    楽のしく仕事を始め様と決意も新たに新年を迎えたのに気が付けばもう今年も半分が過ぎてしまい...
  5. 2015.7.21

    台風一過
    昔は夏の終りに台風が来て過ぎ去った後には、さわやかな風が秋を呼び込む代名詞今は台風が6月から...
ページ上部へ戻る