親方のブログ

落穂拾い

ミレーの落穂ひろいという有名な絵があるが、あれは落ちた麦の穂を拾っているのではなく、農場主が明日のパンにも困っている貧しい人のために、全部刈り取るのではなくわざと少しだけ残している宗教的な絵らしい。ヨーロッパ人にはそのような素晴らしい風習があった。それがどうだろう、いまウクライナでは人々の生活のすべてを奪おうとしている。それも根こそぎである。世界の大穀倉地帯ともいわれるウクライナも昔はそのような助け合いの精神があったのだろうと思う。悲しい映像が毎日流れ、目を覆いたくなる光景に心が痛む。人間は一体どっちなんだろう?天使?悪魔?長所と短所があるように多分両方の命があるのだろう。宗教、民族、思想の違いがあってもいい。むしろそれが自然であり、個性がないのはかえっておかしい。しかし破壊や殺りくは絶対にいけない。一日も早い停戦を!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

カテゴリー一覧

アーカイブ

  1. 2014.9.16

    “楽のしく”
    徳島の仕事は 徳島の業者が受けて 県外の業者に頼る事無く、すべて徳島で加工製作ができないものかと...
  2.  始まりました!徳島ビジネスチャレンジメッセ2014。
  3. 2014.10.18

    月蝕
    チャレンジメッセの会場で名刺交換をしました。
  4. 2015.7.9

    LINE
    楽のしく仕事を始め様と決意も新たに新年を迎えたのに気が付けばもう今年も半分が過ぎてしまい...
  5. 2015.7.21

    台風一過
    昔は夏の終りに台風が来て過ぎ去った後には、さわやかな風が秋を呼び込む代名詞今は台風が6月から...
ページ上部へ戻る