親方のブログ

お中元

弟からお中元が届いた。水ナスの漬物である。毎年届けてくれる絶品の品である。食が細くなるこの季節には実に口に合う。早速頂いたが流石に顎が落ちてしまいそう、は言い過ぎか。反対に兄からは「もうお中元、お歳暮はやめにしよう」と連絡があった。この季節何か美味しいものでも送ってあげたいと思っていたのだが、なかなか難しいものである。良かれと思った行為でも、人によってはお返しなどで気を使い大層になるのかもしれない。週刊誌のエッセイで伊集院静が書いていた。昔ながらの大切な友が毎年この季節になると立派な「サクランボ」を送ってくれていたそうだ。ところが数年前に亡くなった。しかしその後も彼の奥さんが同じように届けてくれていたそうだ。奥さんがどの様な想いでサクランボを調達、荷造りしているのかそんなことを考えると辛いものがあり、手紙を書いたという。「もうこのようなことはやめましょう」と。亡くなってしまえばそれで終わり、たぶん日本の古いしきたりにはそういう決まりごとはあったはずだとも書いていた。さて兄のことだがどうしよう。そうだ手紙を書こう「拝啓お元気ですか……」こちらの方が大切だったはずなのに、長らく筆も握っていない。ヨシ!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

カテゴリー一覧

アーカイブ

  1. 2014.9.16

    “楽のしく”
    徳島の仕事は 徳島の業者が受けて 県外の業者に頼る事無く、すべて徳島で加工製作ができないものかと...
  2.  始まりました!徳島ビジネスチャレンジメッセ2014。
  3. 2014.10.18

    月蝕
    チャレンジメッセの会場で名刺交換をしました。
  4. 2015.7.9

    LINE
    楽のしく仕事を始め様と決意も新たに新年を迎えたのに気が付けばもう今年も半分が過ぎてしまい...
  5. 2015.7.21

    台風一過
    昔は夏の終りに台風が来て過ぎ去った後には、さわやかな風が秋を呼び込む代名詞今は台風が6月から...
ページ上部へ戻る