親方のブログ

しゃがみの文化

ガラスの内臓の私はまた腹痛。夜から朝にかけてトイレさんに大変お世話になっている。こんな時つくづく思うのは、洋式でウォシュレットの有難さである。昔のトイレで30分も屈めと言われればまず不可能である。これだけトイレ事情が変われば、日本人のしゃがみの文化は消滅間違いなしである。昔60年前ぐらいだと思うが、年の離れた従弟がアメリカで3年ほど働いていた。農場でいちご栽培の仕事をしていたらしい。アメリカ人はしゃがむ事が出来ないので日本人が重宝されたみたいである。その頃アメリカでそのくらい働けば家が一軒建ったというから、私たちが子供の頃の日本は本当に貧しかったのだ。この間近所のいちごハウスをのぞいたら腰から上の位置から赤いいちごの実が垂れていた。やはり日本のしゃがみの文化は消滅している!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

カテゴリー一覧

アーカイブ

  1. 2014.9.16

    “楽のしく”
    徳島の仕事は 徳島の業者が受けて 県外の業者に頼る事無く、すべて徳島で加工製作ができないものかと...
  2.  始まりました!徳島ビジネスチャレンジメッセ2014。
  3. 2014.10.18

    月蝕
    チャレンジメッセの会場で名刺交換をしました。
  4. 2015.7.9

    LINE
    楽のしく仕事を始め様と決意も新たに新年を迎えたのに気が付けばもう今年も半分が過ぎてしまい...
  5. 2015.7.21

    台風一過
    昔は夏の終りに台風が来て過ぎ去った後には、さわやかな風が秋を呼び込む代名詞今は台風が6月から...
ページ上部へ戻る