親方のブログ

ガラスの内臓

私は小さい頃から胃腸が弱くガラスの内臓とよばれていた。先代の貴ノ花もこう呼ばれ、なかなか太れず相撲取りとしては小兵で、当時130キロから140キロが標準だったが102キロしかなく横綱にはなれなかった。こんな立派な人と比べるのは失礼だが、私もいまだにこれで悩んでいる。今日も朝の3時頃から腹が痛く、トイレで格闘すること1時間以上。出たり入ったり下痢の様でそうでもなく、とにかく下痢なのか便秘なのかはっきりしてほしい。昼が過ぎたのだが未だに痛くまたトイレにお世話になりに。こんなのが一週間に一回来るのだからたまらない。誰か助けてくださいな!長い付き合いで死ぬような病気ではないのは解かっているのだが…
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

カテゴリー一覧

アーカイブ

  1. 2014.9.16

    “楽のしく”
    徳島の仕事は 徳島の業者が受けて 県外の業者に頼る事無く、すべて徳島で加工製作ができないものかと...
  2.  始まりました!徳島ビジネスチャレンジメッセ2014。
  3. 2014.10.18

    月蝕
    チャレンジメッセの会場で名刺交換をしました。
  4. 2015.7.9

    LINE
    楽のしく仕事を始め様と決意も新たに新年を迎えたのに気が付けばもう今年も半分が過ぎてしまい...
  5. 2015.7.21

    台風一過
    昔は夏の終りに台風が来て過ぎ去った後には、さわやかな風が秋を呼び込む代名詞今は台風が6月から...
ページ上部へ戻る