親方のブログ

ノーベル賞

いきなり飛び込んできた真鍋さんノーベル賞受賞のニュース。こんなすごい日本人がいたとは。我々は全くもって何も知らない。今温暖化というのが世界の一番の関心事。その礎を築いたのが日本人だとはほとんどの人は知らなかっただろ。驚いたと同時に日本人として誇りに思う。今回で28人目だというが、1回目の湯川秀樹を知っているというのが怖い。受賞は1949年だから生まれてはいないのだが、1981年に亡くなっている。丁度私が30歳のときだから結構若い湯川秀樹を知っているということになる。そして28人全員知っているということは、自分も古くなったなぁとつくづく思うのである。では自分は何を成したのか?無駄なことを書いてしまった。ただ漠然と生きてきただけなのかと情けなく思う。最近つくづく思うのは、新聞を読んでいても解らない漢字がいっぱいあるということ。これは深刻である。もっと勉強せねばと思うが・・・そうだ真鍋さんは90歳、私などはヒヨッコ、まだまだ頑張れる。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

カテゴリー一覧

アーカイブ

  1. 2014.9.16

    “楽のしく”
    徳島の仕事は 徳島の業者が受けて 県外の業者に頼る事無く、すべて徳島で加工製作ができないものかと...
  2.  始まりました!徳島ビジネスチャレンジメッセ2014。
  3. 2014.10.18

    月蝕
    チャレンジメッセの会場で名刺交換をしました。
  4. 2015.7.9

    LINE
    楽のしく仕事を始め様と決意も新たに新年を迎えたのに気が付けばもう今年も半分が過ぎてしまい...
  5. 2015.7.21

    台風一過
    昔は夏の終りに台風が来て過ぎ去った後には、さわやかな風が秋を呼び込む代名詞今は台風が6月から...
ページ上部へ戻る