親方のブログ

メジロ

あっという間に一日が過ぎて、今日は火曜日。また夜明けが早くなっている。季節はものすごい勢いで進んでいるのかも知れない。待ちに待った春である。なかなか咲いていなかった河津桜もさすがに満開である。その花びらの蜜をついばんでいるメジロに遭遇。もう何羽いるのか分からないほどの数である。若草色した可愛い姿である。目の周りは名前の通り白く、せわしなく蜜を吸い人の気配も全く気にしていない。昔のように捕獲されないから無警戒なのかもしれない。子どものころ冬になるとよく山に入り、弟たちとメジロ取りに出かけた。近所の子供たちは全員そうだった。おとりのメジロ籠を下げ山に入り、その周りにトリモチを付けた枝を何個か並べて置く。捕獲すると履いている靴下を脱いでその中に入れて持ち帰り、家で飼い慣らすのである。どの子供たちも皆飼っていた。そして鳴き声を競う。どんな遊びも弟は上手かった。いつも負ける兄の私は悔しくてどうしょうもなかった。そんな記憶をよみがえらせてくれる光景だった。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

カテゴリー一覧

アーカイブ

  1. 2014.9.16

    “楽のしく”
    徳島の仕事は 徳島の業者が受けて 県外の業者に頼る事無く、すべて徳島で加工製作ができないものかと...
  2.  始まりました!徳島ビジネスチャレンジメッセ2014。
  3. 2014.10.18

    月蝕
    チャレンジメッセの会場で名刺交換をしました。
  4. 2015.7.9

    LINE
    楽のしく仕事を始め様と決意も新たに新年を迎えたのに気が付けばもう今年も半分が過ぎてしまい...
  5. 2015.7.21

    台風一過
    昔は夏の終りに台風が来て過ぎ去った後には、さわやかな風が秋を呼び込む代名詞今は台風が6月から...
ページ上部へ戻る