親方のブログ

冬至

12月22日今日は冬至らしい。一応ユズ風呂には入ったが、肌に差し込むような寒さではないせいかその実感はない。一年中で一番日が短いらしいがその実感もない。「そうなのか」とただ何となく過ぎてしまう日なのだが、昔から大切にされてきた日のようである。ユズ湯はもちろん、カボチャの煮物に小豆粥。その様な食べ物には、邪気を払ったり、寒さに向けての栄養補給の意味合いもあり、またこの時期の祭りにも、衰えた自然や人の力を元通りにしようと願う神事もあるらしい。現在は暖もとり、食べ物も豊富で生活が豊かになっている。昔の生活は厳しく、冬を迎えるということは相当な覚悟がいったのだろう。そういえば私たちの子供の頃は、鼻をたらし手はヒビとしもやけだらけ。どの子もみんなそうだった。最近はヒビだらけの手の子など見たこともない。トイレもそうだ。ホットな便座がなくてはこの先、生きていけないヤワな身体になってしまっている。情けない!ちょっと外に出て寒い空気に触れてから寝ることにしよう。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

カテゴリー一覧

アーカイブ

  1. 2014.9.16

    “楽のしく”
    徳島の仕事は 徳島の業者が受けて 県外の業者に頼る事無く、すべて徳島で加工製作ができないものかと...
  2.  始まりました!徳島ビジネスチャレンジメッセ2014。
  3. 2014.10.18

    月蝕
    チャレンジメッセの会場で名刺交換をしました。
  4. 2015.7.9

    LINE
    楽のしく仕事を始め様と決意も新たに新年を迎えたのに気が付けばもう今年も半分が過ぎてしまい...
  5. 2015.7.21

    台風一過
    昔は夏の終りに台風が来て過ぎ去った後には、さわやかな風が秋を呼び込む代名詞今は台風が6月から...
ページ上部へ戻る