親方のブログ

参拝

大麻比古神社に参拝をしてきた。たくさんの出店が並び多くの人で賑わっていた。この光景は。、神代の昔から綿々と続いてきたものだとばかり思っていたが、どうもそうではなく明治に入ってからだそうである。鉄道会社が集客のために、郊外の寺社を宣伝した結果、庶民の娯楽として定着したという。しかしこれほど日本人の暮らしに溶け込んだ習慣も珍しい。今を時めく世界の大宗教も案外こんなものかもしれない。皆さん柏手を打ちしっかりとお願い事をしているようであるが、投げる小銭を見ると、ほほえましくかわいらしく見えてくる。「今年も健康で家内安全」といったところか。深刻なお願い事ではないようだ。クリスマスをして、お寺で除夜の鐘を聞き、神社でお参りをする。なんでもありの日本人。こんな感じでいいのではないですか。今年も明日から本格的な仕事始めだが、とりあえず肩の力を抜いていきますか。と言いながらいつまで続くかな?すぐに眉間にしわが寄り、目が吊り上がる。「まぁ今年もよろしく」ちなみに今日の神様との会話です。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

カテゴリー一覧

アーカイブ

  1. 2014.9.16

    “楽のしく”
    徳島の仕事は 徳島の業者が受けて 県外の業者に頼る事無く、すべて徳島で加工製作ができないものかと...
  2.  始まりました!徳島ビジネスチャレンジメッセ2014。
  3. 2014.10.18

    月蝕
    チャレンジメッセの会場で名刺交換をしました。
  4. 2015.7.9

    LINE
    楽のしく仕事を始め様と決意も新たに新年を迎えたのに気が付けばもう今年も半分が過ぎてしまい...
  5. 2015.7.21

    台風一過
    昔は夏の終りに台風が来て過ぎ去った後には、さわやかな風が秋を呼び込む代名詞今は台風が6月から...
ページ上部へ戻る