親方のブログ

吉右衛門

中村吉右衛門訃報の記事が少ない。その人となりをもっと大きく取り上げてほしいと思っていたが、日経新聞に少し載っていたのでほっとした。今でこそ名優なのだがやはり彼も劣等感のかたまりだった。声が悪い、身体が大きすぎるなど歌舞伎にはむいていなかったようである。挫折の中から生まれた生き方。一生修行、毎日毎日。「二代目という人生」を天命として受けいれた。成し遂げた人の後ろには、このような決意と覚悟がある。ぶれることのないまっすぐ通った筋というもがある。大いに学ばなくてはいけない。兄の白鸚の言葉「たった一人の弟だから悲しい・・・」よりも「播磨屋さん、播磨屋さん」と吉右衛門のことを呼び、懐かしそうに語る菊五郎の方が情が深く、二人の絆の深さを深さを感じる。血ではない、男はこうでなくちゃ!!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

カテゴリー一覧

アーカイブ

  1. 2014.9.16

    “楽のしく”
    徳島の仕事は 徳島の業者が受けて 県外の業者に頼る事無く、すべて徳島で加工製作ができないものかと...
  2.  始まりました!徳島ビジネスチャレンジメッセ2014。
  3. 2014.10.18

    月蝕
    チャレンジメッセの会場で名刺交換をしました。
  4. 2015.7.9

    LINE
    楽のしく仕事を始め様と決意も新たに新年を迎えたのに気が付けばもう今年も半分が過ぎてしまい...
  5. 2015.7.21

    台風一過
    昔は夏の終りに台風が来て過ぎ去った後には、さわやかな風が秋を呼び込む代名詞今は台風が6月から...
ページ上部へ戻る