親方のブログ

地震

5時15分ヘッドライトを点けて河川敷へ散歩に出かける。6時15分再びヘッドライトを点けて帰る。つい何日か前のいつもの朝。しかし今帰りはライトがいらない、すっかり日が長くなっているのだ。6時20分にもなればお日様も顔を出す。真っ赤な光を浴びながら会社の門の鍵を開ける。最高の季節である。またまた東北に地震「なんで私たちばかり・・・」地元の人たちの嘆く声が聞こえてくるような気がする。地球的規模で考えれば10年くらいの感覚は余震なのかもしれない。我々も必ず来るであろう「南海地震」の心構えを強く持たねば。自然の猛威に何とか手を打とうと必死に生きている人もいれば、長い時間をかけて築いてきた大切なものを、いとも簡単に破壊してしまおうとする人達もいる。人間はなんと素晴らしくなんと愚かな生き物なのだろう。幸い大災害には至らなかったようだが、11年前の癒えない心の傷にまた刺激を与えてしまったようである。悲しいことだが前を見るしか道はない。人生とは辛いことの積み重ねのような気がする。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

カテゴリー一覧

アーカイブ

  1. 2014.9.16

    “楽のしく”
    徳島の仕事は 徳島の業者が受けて 県外の業者に頼る事無く、すべて徳島で加工製作ができないものかと...
  2.  始まりました!徳島ビジネスチャレンジメッセ2014。
  3. 2014.10.18

    月蝕
    チャレンジメッセの会場で名刺交換をしました。
  4. 2015.7.9

    LINE
    楽のしく仕事を始め様と決意も新たに新年を迎えたのに気が付けばもう今年も半分が過ぎてしまい...
  5. 2015.7.21

    台風一過
    昔は夏の終りに台風が来て過ぎ去った後には、さわやかな風が秋を呼び込む代名詞今は台風が6月から...
ページ上部へ戻る