親方のブログ

怒りをうまく生かす

歳を重ねると、丸くなるというが、自分のことを言うと全く逆である。この格言はまずウソである。ますますひどくなるから自分でも嫌になる。北京オリンピックでハープパイプの平野選手が2回目で大方の予想に反して低い点数がついたことに怒りを覚えたといっていたが、その怒りに動揺することなく3回目はもっとすごい技で金メダルに輝いた。怒りのまかせてしまえばますます状況は悪くなる。怒りは絶対によくないのではない。「怒りは前進する心のエネルギーにもなる「」と良いことが誌に載っていた。怒るということは決して悪いことではないのだ。その後が問題で、怒りをそのまま相手にぶつけるのがいけない。私は全くそれである。怒りを感じ気持ちが動揺した時、一呼吸おいて自分の目指しているもは何なのかと自分自身に問いかけ直す努力をしてみよう。平野君と比べたら平野君に申し訳ない。あまりにも次元が違いすぎる。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

カテゴリー一覧

アーカイブ

  1. 2014.9.16

    “楽のしく”
    徳島の仕事は 徳島の業者が受けて 県外の業者に頼る事無く、すべて徳島で加工製作ができないものかと...
  2.  始まりました!徳島ビジネスチャレンジメッセ2014。
  3. 2014.10.18

    月蝕
    チャレンジメッセの会場で名刺交換をしました。
  4. 2015.7.9

    LINE
    楽のしく仕事を始め様と決意も新たに新年を迎えたのに気が付けばもう今年も半分が過ぎてしまい...
  5. 2015.7.21

    台風一過
    昔は夏の終りに台風が来て過ぎ去った後には、さわやかな風が秋を呼び込む代名詞今は台風が6月から...
ページ上部へ戻る