親方のブログ

懐かしい

長姉のLINEから写真が送られてきた。息子夫婦と3人の写真である。久しぶりの懐かしい顔である。「オカンがスマホデビューしたと聞き、これは面白い」と帰省したらしい。どうだろう、車で2時間くらいのところなのだろうか。そこで生活をしている甥からの話である。14歳差だから彼ももう56歳になる。可愛い甥っ子から青年になり家族を持ち、2人の子供ももう立派な社会人なのである。目に入れても痛くないほどかわいかった頃を、昨日の事のように思い出す。時間というの残酷なものである。「また四国に遊びにいくわナ」「おうっ!」短い会話だがなんか心がホッコリする。彼が高校を卒業した時に、徳島に遊びに来てくれた時の事が一番思い出にある。私が徳島に来て一番苦しかった頃である。何か美味しいものをと海鮮料理の「びんびや」というところへ2人で出かけたのだが、財布には1人分のお金しか入っていない。「俺は今日は腹いっぱいなの」と言って一人前だけの天ぷら定食を注文した。「美味いなぁ、美味いなぁ」と喜んでくれた。なんかそこのところだけしか思い出せない。とにかくお金がなかった、苦しかった、辛かった。今だったら、天ぷら定食にもう一つ焼肉もプラスできるだろう。待っている。必ず遊びに来てほしい。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

カテゴリー一覧

アーカイブ

  1. 2014.9.16

    “楽のしく”
    徳島の仕事は 徳島の業者が受けて 県外の業者に頼る事無く、すべて徳島で加工製作ができないものかと...
  2.  始まりました!徳島ビジネスチャレンジメッセ2014。
  3. 2014.10.18

    月蝕
    チャレンジメッセの会場で名刺交換をしました。
  4. 2015.7.9

    LINE
    楽のしく仕事を始め様と決意も新たに新年を迎えたのに気が付けばもう今年も半分が過ぎてしまい...
  5. 2015.7.21

    台風一過
    昔は夏の終りに台風が来て過ぎ去った後には、さわやかな風が秋を呼び込む代名詞今は台風が6月から...
ページ上部へ戻る