親方のブログ

戦場

息子が帰った。私も昔両親が健在だったころは、盆、正月、ゴールデンウイークには必ず帰ったものである。帰る1週間前位から楽しみで嬉しくてしょうがなっかったのを思い出す。故郷とは親がいての故郷である。親がいなくなればそれは寂しく、懐かしさも半減どころではない。帰る気力もなくなってしまうものである。最近は墓参りに何とかが精一杯である。あんなに楽しかった帰省もあっという間に過ぎていき、もう徳島に帰るのが嫌で嫌でしょうがなかったのを昨日のように思い出す。親と別れるのが辛く、わからないように夜中や早朝の3時、4時頃に帰ったものである。ある時両親に見送られ手を振られたことがあったがこれは参った。後で涙は出てどうしょうもなかった。それ以来見送りされないように変な気を使ったのも懐かしい思い出である。今は立場が変わり子供たちを迎える年になってしまった。子供たちが心落ち着く故郷にしてあげねばと思うが,果たした出来ているのだろうか?努力はしていこう。羽をやすめ心を落ち着かせ「さあ!」とまた現実の生活(戦場)に戻れる、そんな場所になれればいいのだが。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

カテゴリー一覧

アーカイブ

  1. 2014.9.16

    “楽のしく”
    徳島の仕事は 徳島の業者が受けて 県外の業者に頼る事無く、すべて徳島で加工製作ができないものかと...
  2.  始まりました!徳島ビジネスチャレンジメッセ2014。
  3. 2014.10.18

    月蝕
    チャレンジメッセの会場で名刺交換をしました。
  4. 2015.7.9

    LINE
    楽のしく仕事を始め様と決意も新たに新年を迎えたのに気が付けばもう今年も半分が過ぎてしまい...
  5. 2015.7.21

    台風一過
    昔は夏の終りに台風が来て過ぎ去った後には、さわやかな風が秋を呼び込む代名詞今は台風が6月から...
ページ上部へ戻る