親方のブログ

新茶

子供のときから飲んでいるお茶がやはり一番。今日は故郷の姉が新茶を送ってくれた。故郷を離れて46年になるが、私はそのお茶しか飲んだことがない。5月に一年分をまとめて購入し冷凍室に保存し毎日楽しむのである。私の実家の隣が製茶工場でこの頃になるとお茶を蒸す、何とも言えないいい香りが漂ってくる。最盛期になると「おーいミッチャン手伝って!」と店主が呼びに来る。今もそうだが私はミッチャンと呼ばれている。そして高校生の私にはいいアルバイトなのである。私の持ち場は一番最初の「蒸し」である。上半身裸で熱いのなんのってものじゃない。そしてこの仕事は必ず徹夜だった。アルバイト代がいくらだったのか、どれくらい働いたのかなどは全く記憶にないのだが。香り、暑い暑い工場の中、一緒に働いたおじさん達の顔と、なぜか楽しかったことは鮮明に覚えている。50年前の5月の懐かしい思い出である。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

カテゴリー一覧

アーカイブ

  1. 2014.9.16

    “楽のしく”
    徳島の仕事は 徳島の業者が受けて 県外の業者に頼る事無く、すべて徳島で加工製作ができないものかと...
  2.  始まりました!徳島ビジネスチャレンジメッセ2014。
  3. 2014.10.18

    月蝕
    チャレンジメッセの会場で名刺交換をしました。
  4. 2015.7.9

    LINE
    楽のしく仕事を始め様と決意も新たに新年を迎えたのに気が付けばもう今年も半分が過ぎてしまい...
  5. 2015.7.21

    台風一過
    昔は夏の終りに台風が来て過ぎ去った後には、さわやかな風が秋を呼び込む代名詞今は台風が6月から...
ページ上部へ戻る