親方のブログ

松茸

秋の味覚松茸。すっかり高級品になってしまったが、我が家に今年も届いた。故郷に住む2歳上の従弟が毎年贈ってくれるのだが、「もったいない」と思いながらも期待しているから癖が悪い。松林を駆けずり回って自ら採って送ってくれるのだから、純国産の新鮮なそれはもう絶品なのである。知り合いの人達にお裾分けしたいのはやまやまだが、こればかりは難しく近くに住む娘家族と箸を交えるのが関の山。近所、友達、社員の皆さん申し訳ございませんが、おいしくいただきました。早速従弟にお礼の電話をした訳だが、一年に一度の会話である。私の家系は長生きで、おばさんは98歳で至って元気だという。昨年亡くなったおじさんは102歳、私の父親も98だった。では子供の私たちも長生きできるのでは?と思うのだが、運は親たちが全部持って行ったかもしれない(笑い)期待するのはやめよう。従弟との会話の中で当然のように「仕事は?」となる。従弟曰く「やってるよ。だって仕事って楽しいじゃん」。そうなのです。仕事は一生しなくてはならないものである。だったら楽しいものにしなくては。生活のためにしかたなく続けるのであれば辞めたらいい。言ってしまった!!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

カテゴリー一覧

アーカイブ

  1. 2014.9.16

    “楽のしく”
    徳島の仕事は 徳島の業者が受けて 県外の業者に頼る事無く、すべて徳島で加工製作ができないものかと...
  2.  始まりました!徳島ビジネスチャレンジメッセ2014。
  3. 2014.10.18

    月蝕
    チャレンジメッセの会場で名刺交換をしました。
  4. 2015.7.9

    LINE
    楽のしく仕事を始め様と決意も新たに新年を迎えたのに気が付けばもう今年も半分が過ぎてしまい...
  5. 2015.7.21

    台風一過
    昔は夏の終りに台風が来て過ぎ去った後には、さわやかな風が秋を呼び込む代名詞今は台風が6月から...
ページ上部へ戻る