親方のブログ

古里の同級生から柿が届いた。去年も送っていただいたが大好きな果物の一つである。「次郎柿」。最近はこの次郎柿と富有柿が主流であるが、私が子供の頃はこの種類はなかったように思う。実にいろいろな種類の柿があって、夏に食べれる盆柿という小さな小さなものがあった。ほとんど種ばかりで美味くなかった。我が家の主流は「さいけん」という種類だった。近所にもまた違うものがあった。親戚の庭にも種類の違ういろいろな柿があったのを覚えている。あの柿たちは今どうなってしまったのだろか。我が家の裏の友達の家では山の方に渋柿があって、そこのおばあちゃんが渋を抜くのが上手く、美味かったその味が懐かしい。貧しかったからだろうが、あれほどの物にはお目にかかったことがない。秋の遠足には、家で取れた柿、酸っぱい酸っぱいみかんがリュックに入っていたの思い出す。ホントに貧乏だったのだろう。しかし周りのみんなも同じだったから全く苦にならなかった。よく遊び、仲が良かった。心は豊かだったのだろう。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

カテゴリー一覧

アーカイブ

  1. 2014.9.16

    “楽のしく”
    徳島の仕事は 徳島の業者が受けて 県外の業者に頼る事無く、すべて徳島で加工製作ができないものかと...
  2.  始まりました!徳島ビジネスチャレンジメッセ2014。
  3. 2014.10.18

    月蝕
    チャレンジメッセの会場で名刺交換をしました。
  4. 2015.7.9

    LINE
    楽のしく仕事を始め様と決意も新たに新年を迎えたのに気が付けばもう今年も半分が過ぎてしまい...
  5. 2015.7.21

    台風一過
    昔は夏の終りに台風が来て過ぎ去った後には、さわやかな風が秋を呼び込む代名詞今は台風が6月から...
ページ上部へ戻る