親方のブログ

茶摘み

昨日は製茶のことを書いたが、茶摘みの模様も思い出した。今は機械であっという間に刈り取ってしまうが、私が子どもの頃は茶摘みも一大イベント。家族総出で手摘み。おばあさん、親父とお袋にすぐ上の姉、そして私。ほかの兄弟の記憶がないのはもう社会人になって働いていたのだろうし、弟はまだ幼かったのかも知れない。皆一生懸命で競争だった。姉が早くてうまかった。どんなに頑張っても絶対に勝てなかった。周りを見渡しても茶摘みをする人たちで一杯だった。どこどこの誰かさんは上手い。また一日にどれくらい摘んだとか、そんな話題で花が咲いていた。「父さんうちも負けんように頑張らんと!!」おふくろの激に、睨む親父の姿。みんな懐かしい思い出。故郷のお茶をすすりながら、新芽に包まれた一面緑の茶畑の光景が頭の中で広がる。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

カテゴリー一覧

アーカイブ

  1. 2014.9.16

    “楽のしく”
    徳島の仕事は 徳島の業者が受けて 県外の業者に頼る事無く、すべて徳島で加工製作ができないものかと...
  2.  始まりました!徳島ビジネスチャレンジメッセ2014。
  3. 2014.10.18

    月蝕
    チャレンジメッセの会場で名刺交換をしました。
  4. 2015.7.9

    LINE
    楽のしく仕事を始め様と決意も新たに新年を迎えたのに気が付けばもう今年も半分が過ぎてしまい...
  5. 2015.7.21

    台風一過
    昔は夏の終りに台風が来て過ぎ去った後には、さわやかな風が秋を呼び込む代名詞今は台風が6月から...
ページ上部へ戻る