親方のブログ

故郷の同級生から「蛍」の便りがLINEであった。故郷では今蛍が飛び交ってきれいだそうだ。確かに子供の頃はたくさんの蛍が飛んでいて、夜な夜な出掛け虫篭一杯にして帰ってきたものである。みんな貧しかったから懐中電灯代わりにしていた。ウソのような話だがホントである。ちょうそ麦刈りが終わった後でなので、その穂で蛍籠を編んだものである。私たちの世代の人達はみんな経験があると思う。しかしその後蛍は激減していった。多分農薬のせいだと思うが最近はまた農薬の使い方も見直され虫たちの天国になりつつある。またゆったりと蛍の乱舞を眺めながら長い夜を楽しめれるゆとりが欲しい。まだしばらくはムリか!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

カテゴリー一覧

アーカイブ

  1. 2014.9.16

    “楽のしく”
    徳島の仕事は 徳島の業者が受けて 県外の業者に頼る事無く、すべて徳島で加工製作ができないものかと...
  2.  始まりました!徳島ビジネスチャレンジメッセ2014。
  3. 2014.10.18

    月蝕
    チャレンジメッセの会場で名刺交換をしました。
  4. 2015.7.9

    LINE
    楽のしく仕事を始め様と決意も新たに新年を迎えたのに気が付けばもう今年も半分が過ぎてしまい...
  5. 2015.7.21

    台風一過
    昔は夏の終りに台風が来て過ぎ去った後には、さわやかな風が秋を呼び込む代名詞今は台風が6月から...
ページ上部へ戻る