親方のブログ

適度

琵琶湖の水位が下がり、本来水の底であるべき場所が露出し道のようになっている。漁師がシジミが半分くらいしか捕れないと嘆いていた。この秋に雨が降らなかったからだという。今日は久し振りの雨の音がしている。私たちの仕事は雨は敵であるが、雨も適当に降らないといけないのだ。台風も来てほしくはないがそれも必要なのか。暑さも、寒さも、風も、雨も、雪もすべて自然の摂理として必要か。でもほどほどに適度にしてほしいものである。人間が生きていくうえでのエゴが自然を壊していってるってことを少しでも理解すればかなり違ってくると思うのだが、難しい!天災はしょうがない、必ず復興ができる。しかし人災は復興できない。福島の原発事故などは100年かかっても復興できない。それでもまた作ろうとする。人間という動物はいったいどういう生き物なのだろう。「適度」に生きるということはそんなに難しいことなのか!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

カテゴリー一覧

アーカイブ

  1. 2014.9.16

    “楽のしく”
    徳島の仕事は 徳島の業者が受けて 県外の業者に頼る事無く、すべて徳島で加工製作ができないものかと...
  2.  始まりました!徳島ビジネスチャレンジメッセ2014。
  3. 2014.10.18

    月蝕
    チャレンジメッセの会場で名刺交換をしました。
  4. 2015.7.9

    LINE
    楽のしく仕事を始め様と決意も新たに新年を迎えたのに気が付けばもう今年も半分が過ぎてしまい...
  5. 2015.7.21

    台風一過
    昔は夏の終りに台風が来て過ぎ去った後には、さわやかな風が秋を呼び込む代名詞今は台風が6月から...
ページ上部へ戻る