親方のブログ

阪神淡路大震災

あれから26年が経つ。あの朝私は新聞を読んでいた。するといきなり強い揺れが来た。地震か、まあよく揺れるわ!ぐらいだったのが、なかなか揺れが収まらなず、増々強くなる。ヤバイと思い二階に上がると子供たちが震えて泣いていた。つい昨日のことの思い出す。テレビを付けると被害の状況が次々と現れ、事の重大さに驚かされたものである。至る所で火の手が上がり、高速道路は倒れ、これがすぐ近くの神戸での出来事か全く信じられなかった。折れた高速道路にかろうじて引っ掛かり助かったバス。その運転手は兄の中学の同級生でその後奇跡の運転手として人気者になったと言う。しかし神戸の復興は凄まじく人々の努力と英知には頭が下がる。天災は必ず克服できるが、福島原発の様な人災はなかなか難しく100年かかるのか1000年なのか決してオーバーな話ではない。私たちは未来の人々にこんなお土産を残していっていいものだろうか?複雑である。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

カテゴリー一覧

アーカイブ

  1. 2014.9.16

    “楽のしく”
    徳島の仕事は 徳島の業者が受けて 県外の業者に頼る事無く、すべて徳島で加工製作ができないものかと...
  2.  始まりました!徳島ビジネスチャレンジメッセ2014。
  3. 2014.10.18

    月蝕
    チャレンジメッセの会場で名刺交換をしました。
  4. 2015.7.9

    LINE
    楽のしく仕事を始め様と決意も新たに新年を迎えたのに気が付けばもう今年も半分が過ぎてしまい...
  5. 2015.7.21

    台風一過
    昔は夏の終りに台風が来て過ぎ去った後には、さわやかな風が秋を呼び込む代名詞今は台風が6月から...
ページ上部へ戻る