親方のブログ

新入社員

4月に入社したY君も早3ヶ月が過ぎた。社会人1年生の彼だが、多分戸惑うことばかりの毎日の連続だろう。この間長く話す機会がありたくさんの話をした。見た目はおっとりしていてあまり深くは考えていないのだろうと思われがちなのだが、先輩一人一人の事を的確に把握していることに驚かされた。また将来の事も今どのようにしてどのようになりたいのか明確である。何も心配することはない安心した。只先輩である我々こそがもう一度襟を正して見本となれるように努力をしていかないと大変になると思う。若い人の感性は鋭く成長も早い。先輩たちも今の職場の環境に胡坐をかいて努力を怠っていればアッと言う間に追い越されてしまうかもしれない。早く先輩たちを脅かすような存在になってほしいものである。誰にもそのような初々し時代があったのだが、年を重ね結婚もし子供もでき慌ただしく毎日が過ぎていった後に「あれが青春だった」と気が付く。あの頃には絶対に戻ることは出来ないのだが、いつも新鮮な志は忘れないようにしたい。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

カテゴリー一覧

アーカイブ

  1. 2014.9.16

    “楽のしく”
    徳島の仕事は 徳島の業者が受けて 県外の業者に頼る事無く、すべて徳島で加工製作ができないものかと...
  2.  始まりました!徳島ビジネスチャレンジメッセ2014。
  3. 2014.10.18

    月蝕
    チャレンジメッセの会場で名刺交換をしました。
  4. 2015.7.9

    LINE
    楽のしく仕事を始め様と決意も新たに新年を迎えたのに気が付けばもう今年も半分が過ぎてしまい...
  5. 2015.7.21

    台風一過
    昔は夏の終りに台風が来て過ぎ去った後には、さわやかな風が秋を呼び込む代名詞今は台風が6月から...
ページ上部へ戻る