親方のブログ

石原慎太郎

慎太郎曰く「皆に憎まれて死にたい」本当にアマノジャクな人である。本音はそうじゃない。たくさんの人に愛されているからそんなことが言えるのである。良い、悪い。好き、嫌いは別として、子供のように、無邪気に本音で時代を駆け抜けていった。晩年は暴走老人よろしく本を書き、物申し、バイタリティーあふれる生き様だったように思う。それもこれも才能がなせる業。我々のような普通の人間には到底無理な生き方である。この年になるまでにはあと20年あるわけだが、さてどうしたものか。人生は味方半分、敵半分である。敵が多いということは、味方も多いということである。敵の数がその人の大きさの目安である。70年生きてそれは分かった。しかし私がもし暴走老人になったらどうだろう。大切な数少ない見方も皆敵になってしまうかも知れない。悪ぶって生きるのには「センス」がいるんだよな!!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

カテゴリー一覧

アーカイブ

  1. 2014.9.16

    “楽のしく”
    徳島の仕事は 徳島の業者が受けて 県外の業者に頼る事無く、すべて徳島で加工製作ができないものかと...
  2.  始まりました!徳島ビジネスチャレンジメッセ2014。
  3. 2014.10.18

    月蝕
    チャレンジメッセの会場で名刺交換をしました。
  4. 2015.7.9

    LINE
    楽のしく仕事を始め様と決意も新たに新年を迎えたのに気が付けばもう今年も半分が過ぎてしまい...
  5. 2015.7.21

    台風一過
    昔は夏の終りに台風が来て過ぎ去った後には、さわやかな風が秋を呼び込む代名詞今は台風が6月から...
ページ上部へ戻る