親方のブログ

老眼鏡

さぁ!と机に向かいメガネをかけ、両手を広げ指を動かし戦闘態勢に入ったのだが、飛び込んできたのがその自分の両手。随分と年季の入った手になっているのに驚いた。今まであまり老眼鏡をかける習慣がなく、新聞も読める、雑誌も読める。契約書などの書類の住所、名前も難なく書けていたのだが、さすがにパソコンの前では必要だとかけるようになった。そうだそのせいで今まで何も気にせず見ていた手が、今日ははっきり見えてしまったのだ。皺だらけでシミも多く、どう見ても年寄りの手である。ガックリ!。鏡に映る自分の顔も、老眼鏡をかけて見たことはないが、きっと腰を抜かすに違いない。結果は分かっているからそれはやめておこう。この様にして70代の壁を少しづつ登っていくのかと思うと辛いものがある。あまり衝撃を与えないように少しづつ慣らしながらゆっくり行こう。多分70歳になったばかりで右も、左も、分からない赤子みたいなものだからつい70,70と言ってしまうのだろう。もう少したてば一人前の70になり、言わなくなるだろうから、今しばらくご容赦を!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

カテゴリー一覧

アーカイブ

  1. 2014.9.16

    “楽のしく”
    徳島の仕事は 徳島の業者が受けて 県外の業者に頼る事無く、すべて徳島で加工製作ができないものかと...
  2.  始まりました!徳島ビジネスチャレンジメッセ2014。
  3. 2014.10.18

    月蝕
    チャレンジメッセの会場で名刺交換をしました。
  4. 2015.7.9

    LINE
    楽のしく仕事を始め様と決意も新たに新年を迎えたのに気が付けばもう今年も半分が過ぎてしまい...
  5. 2015.7.21

    台風一過
    昔は夏の終りに台風が来て過ぎ去った後には、さわやかな風が秋を呼び込む代名詞今は台風が6月から...
ページ上部へ戻る