満月散歩

  1. ぐっすり

    朝4時までぐっすり眠れた。奇跡のようである。だいたい2時から3時にかけて一度トイレに必ず起きるのが日課なのだが今日は違った。気が付いたら4時である。4時には起きたいと思っているから2時、3時に目を覚ましてしまうのは非常に辛く、その後の少しの眠りがなんともぎこちない。

  2. 東京は8センチの積雪で大騒ぎ。帰宅避難者であふれホテルも満杯のようである。こちらはおかげで雪ではなく雨だった。冷たい雨だが凍結はないようである。最後の冬さんのあがきだと思いたい。県の仕事で検査が通らないので今日はその仕上げ。

  3. 腰痛

    またも腰痛、ギックリ腰である。もう2週間になるが完治しない。軽症で寝込んでしまうほどでもないのだが困ったものである。寝起きの朝が大変で不用意にかがんだりすると「ビビッ」と電気が走る。2回3回と続き、慌ててコルセットを巻く。これが毎日の朝の日課であるが、その後は気を付けてさえいれば大丈夫。

  4. またか

    またかである。阿南市で全世帯に10万円の給付金である。選挙公約とはいえ、今北陸ではたくさんの支援を待っている。こんなときにである。私はこの手のバラマキは大嫌いである。過去には拒否していたのだが、受け取らなければそのまま国の財源に戻ってしまうらしい。

  5. やはり河川敷の菜の花は確実に黄色い花を大きくしている。今年は春が早いのだろうか。期待を込めてそういうことにしておこう。朝晩の冷え込みは相変わらずだが昨日のような日中の暖かい日差しを浴びると「春はもうそこまで」と思ってしまう。車の中では半袖でもいいくらいである。

  6. 考える

    「人間は考える葦である」(パスカル)。毎日考えることがいっぱいある。良いこと悪いこと、辛いこと。もう完全に八方ふさがりなどと思うときもある。考えすぎて寝れないこともある。

  7. 朝、目を覚まし新聞を取りに外に出てみると、また雨のようである。この時季雨ではなく雪が舞うのが常だが、やはり暖冬なのか雪の気配はない。一昨日も雨だった。寒いよりはまだましかと思うようにして、仕事に影響がない最低限の配慮をしている。朝晩はやはり寒く凍えるほどの日もある。

  8. 菜の花

    寒い毎日が続くが河川敷には菜の花がきれいである。これは家畜の食用に植えたものだろが、毎年早くからきれいな花を楽しませてもらっている。2月に入ればもっと大きくなる。その頃を見計らって故郷の友などに写真を送り喜ばれている。春の先取り自慢ができる南国四国の特徴であるなどと能書きを添えてである。

  9. 毎日

    毎日日記を書くように、ブログの画面に向かい指を動かす。そして何月何日何時と出ると毎日のあまりの速さに嫌になることがある。「もう1月も半分が過ぎてしまったのか」今朝もそう思いながらパソコンを畳み1日が始まる。

  10. 新年互例会Ⅱ

    昨日は当組合の新年互例会。たくさんの人に出席を頂き、感謝でいっぱいである。その後夜は香川県の組合の互例会に参加した。結局家に帰ったのは10時が過ぎていた。久しぶりの夜の会出席にも疲れは少なく元気な自分の姿にびっくりである。大腸がこんなに悪さをしていたとは。手術をしてすっかり元気になった。

カテゴリー一覧

アーカイブ

  1. 2024.6.11

    スタート
    1年以上にわたる準備を重ねてきた全国大会もようやく終わり新しい毎日がまた始まろうとしている。
  2. 2024.6.10

    やっと
    やっと終わった。1年以上続いた苦しみから解放される。全国大会がやっと終わったのだ。
  3. いつものように散歩に出掛けるが半袖ではまだ少し寒い。
ページ上部へ戻る