親方のブログ

  1. ビッグボス

    ビックボス、今年の流行語大賞のノミネート間違いなし。さすが時の人だが、一気に持ち上げ、一気に落とすのもマスコミである。用心してください新庄さん。この人気もオープン戦くらいまで。負けが込みマスコミが叩き始め、新庄さんはまたバリ島へ―。こんなシナリオも有りかも知れない。

  2. ビッグボス

    ...

  3. 牛のげっぷ

    牛のげっぷまでもが脱炭素の標的に。「ほんまかいな」。確かにそれもあるかも知れないが、牛だって困る。牛というものが存在した時から、胃が4つあってげっぷしながら生きてきた。ましてや好きで数が増えたわけでもない。人間が食べたところ、こんなうまいものはないと、食べるために増やしたのだし、乳製品もそうだ。

  4. 紅葉

    組合の理事会があり愛媛の霧の森というところに行っていた。景色の凄くいい所で、紅葉がきれいだった。ひんやりとしていて秋は確実に進み、冬将軍はもうすぐそこまで来ている感じである。暗くなった6時過ぎに会社に帰ると,まだ皆仕事に励んでいた。今日は土曜日、本来なら休みなのだが、無理を言って出社してもらった。

  5. 秋深し

    昨日は人が足りないため、現場を手伝うことにした。もう全く役に立たない老体ではあるが少しでもと思ったが、逆に足を引っ張る形になっているのを実感する。丸亀市まで作業車を運転していった訳だが、それもきつくなってきているようである。くたくたに疲れ果て何もできず早々に寝てしまった。

  6. 高知県

    今日は高知県での仕事に3人が出掛けた。今夜は一泊して明日帰る予定となっている。ついこの間まではコロナの影響で、県外仕事になると二の足を踏んでいたのだが、今回は何の躊躇もなく送り出せた。大阪での仕事も地元の仲間に助けてもらったし、浜松でもそうだった。

  7. 古里の同級生から柿が届いた。去年も送っていただいたが大好きな果物の一つである。「次郎柿」。最近はこの次郎柿と富有柿が主流であるが、私が子供の頃はこの種類はなかったように思う。実にいろいろな種類の柿があって、夏に食べれる盆柿という小さな小さなものがあった。ほとんど種ばかりで美味くなかった。

  8. 不合格

    可哀そうな小室圭さんである。朝、新聞を広げると「小室さん司法試験不合格」と載っていた。次に日経新聞にも同じことが載っていた。スポーツ新聞にも、テレビでも。何でここまで…本当に可哀そうである。橋下徹氏までもが「僕は司法試験を合格してから結婚をした。

  9. 選挙

    国民の義務として選挙には行ってきた。国を任せれるのはやはり自民党だとは思うが、どうしても許せない事がある。森友問題での、近畿財務局の赤木さんの死。これに対する政府の対応、これは絶対に間違っている。どう考えても許すことは出来ない。

  10. 老眼鏡

    さぁ!と机に向かいメガネをかけ、両手を広げ指を動かし戦闘態勢に入ったのだが、飛び込んできたのがその自分の両手。随分と年季の入った手になっているのに驚いた。今まであまり老眼鏡をかける習慣がなく、新聞も読める、雑誌も読める。

カテゴリー一覧

アーカイブ

  1. 2022.1.18

    腰痛
    また腰をやってしまった。
  2. 2022.1.17

    阪神大震災
    あの揺れは後にも先にもない強烈なものだった。
  3. 2022.1.16

    大統領
    アメリカのバイデンさん、次も行くと息巻いているらしい。今78歳。そのときは80歳になっている。
ページ上部へ戻る